遺言の撤回って可能なの?

Šî–{ RGB遺言は、遺言者の死亡によって初めて効力を生じるものです。したがって、遺言者の生前には何らの権利義務も発生しませんから、遺言者は死亡するまでいつでも自由に遺言の全部または一部について撤回することができます。この遺言の撤回の権利は放棄することができません。


 

遺言の撤回は遺言の方式によらなければなりません。しかし、遺言の方式にさえ従っていれば同一の方式による必要はありません。したがって、前の公正証書遺言を後で自筆証書遺言によって撤回しても構いません。

前にした遺言と後でした遺言の内容が抵触する場合には、その抵触する部分について後の遺言で前の遺言を撤回したとみなされます。遺言が遺言後の生前処分などの法律行為と抵触する場合も同様です。

また、遺言者が故意に遺言書を破棄した場合、破棄した部分については遺言を撤回したものとみなされます。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄した場合も同様です。

一旦遺言が撤回されると、その撤回の行為が撤回されたり取り消された場合でも、原則として効力を回復することがありません。すなわち、撤回行為がさらに撤回された場合には、遺言者が元の遺言を復活させる意思があるかどうかは不明なので、元の遺言は復活しないということです。

コメントは受け付けていません。