遺言書と死後の紛争防止のために必要なことt

Šî–{ RGB被相続人が亡くなったあとで、その財産を相続する権利のある相続人が複数存在する場合には、相続人の間の紛争防止のため、「民法」と呼ばれる法律によって、被相続人とどのような続柄にあたる人が、どれだけの割合で財産を取得するのかがあらかじめ定められており、これが「法定相続分」とされています。
また、「遺産分割協議」といって、相続人全員が話し合って内容に同意した場合については、誰がどの財産を取得するのかということがらを、この法定相続分にかかわらずに決めることが可能ですが、このことがしばしば親族間での骨肉の争いに発展してしまうこともあります。


ただし、もし被相続人が生前に遺言書を作成していた場合には、これらにかかわらず、遺言書に書かれた内容のほうが優先されることになりますので、死後の願いを叶えることができるようになります。
遺言書を作成しておけば、法定相続分とは違った割合で財産を相続させることができるほか、内容が明確であれば遺産をめぐる親族間の紛争防止や相続手続きを簡単にする効果なども期待されます。
遺言書ではそのほかにも、内縁の妻などの法定相続人でない人に財産を分け与えたり、子供を認知したりといったことも、法律上は可能とされています。